デジタル化の中でデジタル化してはいけないこと

私は今回貯蓄について書かせていただきます。

その貯蓄の方法とは「一度全て手元に、それを分配して納めよう」と言うものです。

大体の人の給与支給方法として口座への振込だと思います。

そして「今月はこれだけ入ったからこれだけは〇〇にこれだけは△△に」と考えます。

しかしここで私がお勧めしたいのは、今月入った給料を一度全て引き落として手元に持ってきます。

そしてそのお金を触りながらまずは感謝をします。

次にいくつかの封筒を用意します。

各の封筒に自分が生活していく上で出て行くコスト名と金額を書き込みます。

そこまでできれば後はその金額を封筒に入れていきます。

コスト以外にも毎月必ず貯金したい金額を設定した封筒も作りお金を入れます。

そこまでして残ったお金が本当に自由に使えるお金です。

ついつい口座の数字だけだと自分に甘えてしまって貯金すべきお金を使いがちになってしまいます。

しかし実際にお金に触れてしっかり分配すればその気持ちは少なくなります。

この方法を行なっていくと、自由に使えるお金が少ないと思ったら、貯金のお金に手をつける事なく、副業やもっと仕事を頑張ろうと思えるようになります。

お金もデジタル化していくこのご時世でもお金に関してはアナログでいくことをオススメします。