口座を用途ごとに使い分ける方法

いつまで経ってもお金が貯まらないと悩んでいるのであれば、口座を使い分けるとよい、と聞いたことがあります。

口座を1つだけしか持っていないとそこから全ての入出金を行うことになってしまい、結果的にお金を貯めることができなくなってしまいます。

1つは増やす専門の口座を作ったほうがいいそうです。

入金のみで出金を行わなければ、少しずつであってもお金を貯めることが出来るようになります。

その口座にほんの少しのお金でもいいので入金をするようにしましょう。

そうすると貯金箱のような形で使うことが出来るようになります。

出金がないので貯まる一方の口座があると、貯金をしているな、と思えるようになるそうです。

以前は経済的に多少余裕があったので、クレジットカードの利用金額を差し引いて、どれくらい貯金をすることが出来るのか考えながらお金を使っていました。

10万円単位で貯金をしており、クレジットカードの引き落とし金額と10万円の差額を1か月自分で自由に使うことが出来るお金としていました。

そういうことが可能であれば、1か月に使うことが出来るお金を決めて、その中でやりくりをすることを考えてみるのもよいのかもしれません。

余裕のある時に貯金をすれば負担にもならないと思います。