昔ながらの減額メソッド

私の夏場限定の縮減メソッドをふたつ、ご紹介したいと思います。

意外とひとつは、2リットル容量のペットボトルを値公式、朝方、屋外のお天道様のすばらしく当る場所に出しておく事です。中でもミッドサマーだと、昼過ぎ4時代を通り抜ける頃には、50たび近くまで水温が上がっていて、麦茶を沸かすら使ったり、素麺をゆでたり、お吸い物に使ったりと、少し加熱するだけですぐに破裂するので、様々な食事に活用しています。
もうひとつは、就寝前に、ベランダに打ち水をします。そして、ぼくは2~3時間後に設定していますが、お好みの時間に尽きるようにタイマーをセットした扇風機を屋外に生み出し、屋外から白々しい雲行きを院内に取り入れるようにしています。これでクーラーを塗り付けなくても、快適に眠りる事ができていらっしゃる。クーラーをつけたままでは寝られなかった長年の気苦労も解消してくれ、好ましい限りです。

とも狭いケースのようですが、大して光熱費の縮減に貢献してくれているような気がします。
パイオニアの知を引き継いだにすぎない、余程目新しさも感じられない縮減メソッドかもしれませんが、従前ならではのやり方は、簡単に積み重ねることができ、断然地球にも暖かいですよね。
これからも何かと概要を集めて、生活にエコな昔ながらの縮減メソッドを取り入れていきたいと思います。