虫歯や歯周病と口臭の関係とその予防対策

口臭の原因の一つに歯と歯の間に食べた物が残っている為に、その食べかすが段々と悪臭を出すのが原因です。虫歯や歯周病になっていると、虫歯で穴が開いた部分、歯周病によって生じる歯周ポケットに食べた物が残りやすいです。

イニオの効果を完全レポート!私の口コミや解約方法を徹底解説します!

虫歯になってしまった歯は歯医者で治療することが賢明で、歯周病は加齢と共にどうしてもなってしまう人が多いです。

歯周病が酷いと、熟れたトマトの上に歯が乗っている様な状態になってしまうので、歯医者でも日常的な食後の歯磨きを勧められます。強く歯茎を磨くのではなく、歯茎をブラッシングする様にして、歯も磨くことがコツです。歯間部に詰まったものはフロス糸で取り除くのが良いと歯医者へ行くと言われますが、自分でフロス糸を使って、全ての歯の間を掃除するのは非常に面倒なことです。

金属の針金にブラシの付いた歯間ブラシで、歯の間を掃除していると、どうしても、尖った金属の針金を歯の間に入れることは、歯茎を傷つけてしまい、血が歯間ブラシについていることがあります。こういった時、金属製ではなく、ゴム製の歯間ブラシが薬局で売っていますので、そういった物を使って、歯の間を掃除する方が良いです。

ゴム製の歯間ブラシを使ってからは歯間ブラシで歯茎を傷めることは無くなりました。時間はかかってきますが、歯磨きのやり方で、歯周病が良くなってきたか否かを自分で確かめることはできます。

歯周病になっている歯は奥歯であることが多いです。自分で、奥歯を摘まんでぐらぐらするか否かで、歯周病の程度が酷いか否かぐらいは確認ができるので、気長に、根気よく、歯磨きを行なうことが重要です。