縮減の鬼となっていた独身の友人

私の昔からの近くで、昨今33年代の女性は、一人暮らしだ。
これまでも嫁入りしたかったのにできず、一人暮らしで暮らせるように、と節約に燃え始めたようです。
話を聞くと、ひとり暮しなので、住む配置も賃料の短いところでたくさんと随分オンボロアパートと呼び込めるところに住み始めました。さらに、水道代の節約の結果、と言って自宅の横に起こる公園の便所を主に使うようにして、家の便所は取り扱うのをやめていらっしゃる。
そこまで始める?と思いますが、老後のくらしをみずから助けるには今からです、と燃えていらっしゃる。
そして、野菜は消費するのはほとんどがもやしになったと言います。
もやしも、勿論優秀な野菜ですが、緑黄色野菜もたまには食べてほしいだ。
納豆も、常備していますが、普通でも甚だ安っぽい納豆を、デパートで賞味期限の側なり安くなったものを企み、買いだめして冷凍するのだそうです。
冷凍しても、食べる前の日に冷蔵庫で融雪すればいいからだそうです。
食べ物も一度に炊飯ケースで炊いて、ラップで1食分ずつ冷凍して、食べる場合領域で暖めるほうが、電気代が安く済むと言って冷凍庫に多彩保存していました。
いよいよ、種は無駄にしたくないので、冷凍できない根源は総じて買わなくなったそうです。
冬場は、スキー洋服で客間では明かし、暖房を使わない女房は、着々と老後に備えています。