集中力を持続させて小学校の宿題を終わらせるためには

小学生の子供が学校から帰ってくると、お決まりの時間があります。それは宿題です。親はすぐに宿題をしてほしいと誰もが願いますが、当の本人はテレビやゲーム、公園に遊びに行ったりして宿題をしてくれません。

しぶしぶ始めてくれたとしても、集中力が続くかず、すぐに飽きてしまい、いつまで経っても終わらずそのたびに叱りつけてしまいます。そのような子どもたちの集中力を持続させて小学校の宿題を終わらせるためにはどうすればよいでしょうか。セノッピーは効果なし?!森三中大島さん愛用サプリの口コミを暴露!

まず、集中というのはどういう意味なのでしょうか。それは「物事に対して意識や注意を集める状態」ということです。これは私達大人でも大事な行動ですが、どうしても長続きしません。なので持続させる上での重要な行動の一つに「作業と休養をバランスよく取ること」が大事となります。

次に宿題をする環境を整えてあげることです。せっかく子供たちが宿題をしているのに大人が隣でユーチューブを大音量で見ていれば集中できませんよね。ですので子供が集中するためには大人もしっかり集中するということです。そうすることで集中できる環境を作り出すことができるのです。

さらに宿題をする過程でも「何時まで」に「どこまで」としっかり計画を立て緊張感をもたせることが大事です。そして最後に宿題がすべて終わればしっかり褒めてあげることで子どもたちに「達成感」を与えてあげることで明日もしっかり集中力を持続させて宿題をしてくれることでしょう。