細かい家計簿をつけても節約にはならない理由

節約のために、何にいくらお金を使ったか、レシートを細かくつける方はたくさんいると思います。ですが私自身、どんなに細かく家計簿をつけていても節約にはなりませんでした。面倒くさがりの私にとってはなかなか長続きせず、外食費や生活用品の出費などと細かく家計簿につけてもただの自己満足であり、その行為自体にストレスすら感じていました。

そんな私でしたが、唯一貯金に繋がる家計簿の付け方を発見しました。それは、家計簿アプリです。手書きで家計簿をつけるのではなく、レシートを写真で撮るだけで細かく表示してくれるアプリです。

手書きよりも細かく家計簿をつけることができるだけでなく、操作が簡単で、設定した貯金の目標まであとどれくらいかまで、一瞬で明確にしてくれます。今まで手書きでしていた分時間もかかっていましたが、このアプリのおかげで他のことに時間を有効に使うことができるようになりました。

手書きで家計簿をつけることのほうが向いている方もいると思いますが、面倒くさがりで長続きしないという方にはぜひ試してみて欲しいものです。アプリもたくさん種類があるので、自分に合ったアプリを探してぜひ試してみて欲しいです。無理なく節約がきっとできるかと思います。