水回りを攻略してお金を貯める!

今日は、意外と気が回りにくい「水回り」にまつわる節約術を2つ、ご紹介したいと思います。

1.お湯を使う前に・・・

皆さんは、家で「お湯」使ってますか?

沸騰したお湯ではなく、40℃くらいのお湯です。

きっとお風呂に入るときに使ってますよね。

また、起きて顔を洗うときや、食器を洗うときに使う方もいらっしゃるかもしれません。

給湯器にもよると思いますが、蛇口をひねってお湯が出てくるまでの間、

しばらく水を流す必要があるのではないでしょうか。

そのお水、どうしていますか?

そのまま流してしまったのではもったいないですよ!

私は空のペットボトルを何本か洗面所においておき、

お湯に変わるまでの水をペットボトルに貯めています。

そして貯めた水を洗濯やトイレを流すのに使っています。

どうせ流してしまう水なら、有効活用しましょう!

2.用を足すなら・・・

普段、外出されていますか?

休日のお出かけだけでなく、平日のお仕事や通学も含めてです。

おそらくほとんどの方が、外出されているのではないでしょうか。

疲れて職場や仕事から家に帰ってきてすぐ、トイレに行くということはないですか?

それ、すごくもったいないですよ!

すぐ直前まで外にいたわけですから、用は外で済ませてくるのがおすすめです。

もちろん、近所のドブにしてこいという意味ではありません。

それは犯罪ですw

駅のトイレ、公園のトイレ、コンビニのトイレなどなど・・・

家に帰るまでの間、街には多くのトイレがありますね。

家路を急いでいると尿意や便意を忘れ、家に帰って落ち着くとふと思い出すことがありますが

ちょっと行動を変えて、外のトイレを使うのです。

(コンビニなどの商業施設の場合は、店員さんに声をかけるなどのルールが存在する場合がありますので、

注意してください。)

家と職場が近い方は職場でトイレを済ませてきても良いですね。

私が職場の近くに住んでいたときは、朝のトイレも職場まで我慢していましたw

ちょっと行動を変えるだけで、水を節約することができます。

たかが水と侮ることなかれ、塵も積もれば山となるです!