新時代の節約方法!!節約で貯蓄を増やすため固定出費の見直しをしよう!

節約をイメージするさい、どうしてもコツコツと水道をコマめに締めたり電気を消したり、中にはお風呂にペットボトルを入れてかさましをしたりとみみっちい貧乏臭いものをイメージする人は多いかと思います。かつてゴールデンタイムで放送されていた節約番組も『電球を減らして周り銀紙を貼って明るくするよう工夫して光熱費を安くしたり』する方法、『水道の蛇口を完全に閉めずにポタ・・・ポタ・・・と料金メーターが回らない程度に水が垂れるようにしてそれをバケツや洗濯機に貯めるなどして水道代の節約をする』方法など工夫がなされておりました、またコンセントをまめに抜いて待機電力をカットするなんて方法もありました。

しかし年間で見ると数百円の節約になっても月で見ると数十円、どうせなら数千円の固定出費を節約できたらなと思われたりしませんか?今のご時勢、ネットが発達して様々な選択肢が増えており電力の自由化など相まってできる手段や方法が数多くあります。そこで一層のこと電気代ガス代、保険料などの固定出費を一括で見積もり申請をして今と同じ保障、もしくは今以上の保障でお得なプランを見つけて乗り換えるという方法があります。

毎月の固定出費が少しでも安くなる、それだけで年間で見ると相当な節約になります。

いまや節約は昔のドケチ主夫のコツコツ、ローテクのケチケチひもじい貧乏テクニックではなく!コンスタントに出費を減らす時代に来ております。勿論、無駄遣いをしないでコツコツ節約するのも日本人らしくて素晴らしい姿勢ですが、かといってトイレタンクにペットボトルを入れて水かさを増して一回の水量を節約するというのは下手をすれば水量不足で詰る原因にもなりかねない諸刃の剣でもあり、お風呂のペットボトルを浮かべて一緒に入るのも気持ちのいいものではないかと思います。

今している当たり前の節約に家計のコンサルティング感覚で固定出費を見直す、これからの時代ならではの節約を考えてはみませんか?