衣裳代金を節約するために古物商をフル活用

3年の乳児と2人生活の女性だ。建物では古物商を頻繁に利用して、乳児と私の着物や雑貨費用を切り捨てある。ひとたび、ベビー服は一気に体格が変わってしまってワン陽気したら更に着れないなんて事は年々あります。見切るのはもったいないし、次の体格の衣服も購入したいけど新品を買うのはコストがかかるので、古物商で着れなくなった物を売ってそのお金でまたそのお店先で買うようにしています。おんなじ店先で業務すれば二つのファクターが溜まるので、常におんなじ店先を利用するようにしているのもポイントです。

また儀式で着物の詰め込み放題をやる日をチェックして余計お得に購入するようにしています。こういう詰め込み放題で前回は我々と乳児の衣服合わせて32着を500円でゲットしました。私の衣服も同じように飽きて着なくなったものを中古してうまく使い回ししてある。また譲る年代は夏物なら春に、とその陽気前に売りに行くと夏場の終わりに譲るより厳しく買い取ってくれるので、譲る年代も考えながらお店先を利用しています。娘も古着がお断りとか言わずに喜んで一緒に選んでくれるので助かりますが、物心がついてきたらそんなふうにもいかなくなりそうなので、今の一種だと想うフル活用してある。