定額おこづかい

私の貯えに対するいくつかのポイントを解説していきます。取り敢えず最新に月収の対価に対して自分の自由に使える予算を行なう。

主旨としましては月収の貸付や決済などのキリの望ましい予算を醸し出しその予算はしっかりキープして置きます。そして月収-決済の予算-10000円を月々のお小遣いとして使用しています。そうすると必然的に貯えが増えていくので、尚更に年収が多かった場合は-10000円の先をその時に応じて調整します。そして次は経費をおろしたときの明細書を次の対価をおろすまで本当に保管しておく事です。

理由としては終始財布の残金を意識する事で無駄遣いの調節に繋がると想うからだ。そして三つ目に毎日の費消予算を思い起こし見る事です。各回やりくり簿など塗るとややこしいなどの理由で投げ出してしまう事があるからだ。思い起こすだけであれば年月問わずいつでもどこでも思い出す事ができます。そして思い出す事で自分の経費のやり方を意識する事が出来ます。尚更に自分の経費の無駄遣いの方式や前月などと比べて共通点に気塗りつけるという事です。

それを意識するため貯えに繋がると思います。そして最後に引き下げの方式として僕は基本的に近場でユーズドの物を貰うという事を心掛けています。理由はユーズドと新品の金額差、近場で買う事による車代などが引き下げされるからだ。