節約上手は暮らし上手!生活に彩りを

節約と聞くと、食材の隅々まで使い切り、電化製品の電源はこまめに切り、移動手段は自転車で、買い物は一円でも安いスーパーをはしごして…という生活を切り詰めるイメージがあります。

中にはお風呂のお湯は2.3日同じものを焚き直して使う、なんていうイメージの人もいるかもしれません。

私もかつては同じことを思っていましたが、双子を産んで一度に4人家族になり、節約を考えずにはいられない状況になり、見直すことにしました。

もちろん毎日の食費を抑えることも考えました。

しかしスーパーのチラシとにらめっこしても、2軒はしごして5円の節約という世界…チリも積もれば山となるとはいいますが、私にはなかなか続かない方法でしたので、別のやり方を考えてみました。

日々の出費を減らすのはある程度努力できるとして、一方でそれは毎日頭を使わないといけないということです。

これは仕事や育児をしながらだと、かなりのストレスとなります。そこで目をつけたのが固定費です。

自動で引き落とされる固定費については、一度見直すだけで長期に削減されるので、考えるという時間的精神的コストが削減されます。

まずスマホを格安SIMに替え、次に保険を見直しました。

年金型に医療がついているプランでしたが、もう出産でかなりの給付金をもらえていたため、一番低い金額にし、年金は解約しました。

その分貯金額を増やすことで、遠い将来も近い将来も安心になりました。